病気見舞いをしようではないか
投稿 : 2023年01月22日 (日)

大塚マスジド 金曜日礼拝ホトバ 要約

(20230120日)

あらゆる賞賛は、アッラーのもの。私たち信仰する者は、アッラーがあられ、天使が、アッラーの書が、アッラーの使徒たちが、終末の日が、良い悪いはともかく運命があることを信じる。そして、私たち信仰する者は、アッラーが主であられることを、イスラームが私たちの宗教であることを喜びとする。アッラーは、比べ得る何ものもない唯一者であられる。私は、アッラーの外に崇拝する存在はないことを証言し、また、ムハムマドは、アッラーの使徒であることを証言する。

信者たちよ。アッラーは、クルアーン・離婚章において述べておられる。

「・・・アッラーを畏れる者に、その御方は、悪を払われ、その者への報奨を増大されるであろう。」65章 5節)

アブー・フライラは、アッラーの使徒SAW が次のように語ったとして伝えている。「復活の日にアッラーは、次のように言われるでしょう。『アーダムの息子よ!私が病気になったのに、そなたは、なぜ私を見舞わなかったのか?』 そこで、彼は、『主よ!どうやって私は、あなたさまを見舞えましょうか? あなたさまは、この万物世界の主であらせられるというのに。」と言った。すると、アッラーは、次のように言われます。『そなたは、私の下僕である誰それが病気であったことを知りながら、彼を見舞いませんでしたね。そなたがその時、彼を見舞っていれば、彼のもとで私を見付けたということを知りませんでしたか?』

アッラーは、病人を見舞っていれば、その病人のもとに御自分がおられると述べておられるのだが、即ち、病気見舞いに来た事をアッラーが御存知であられ、良いことの為に御自分の方へ近づいて来たので、特別な報償と祝福とを御用意なされているということである。これにより、病気見舞いといった良いことを奨励し、信者を高める機会を用意しておられるということである。また、サウバーンは、預言者さまSAWが次のように語ったとして伝えている。「ムスリムが病気のムスリムの兄弟を見舞うとき、彼は戻って来るまでは、楽園の果樹園にいるようなものだ。」 楽園の果樹園とは、果樹が常に実っている豊かな心地よい場所であるから、病気見舞いという良い行いの故に、豊かな良い気分に満たされ、更には、楽園へと近づくということである。預言者さまSAW は、良く病人を見舞い、励まし、助言し苦痛を和らげるように努められた。また、主の御加護を病人に思い起こさせ、困難や痛みに耐えることに対しては、アッラーが報償を用意され、悪事を消滅して下され、位階を上げて下されると言われた。アブドッラーは、次のように伝えている。「私がアッラーの使徒SAW を見舞ったとき、彼SAW は、高熱を出していました。そこで、私は、手で彼に触ってみてこう言いました。『アッラーの使徒よ! 誠に、大変な熱ですよ。』  すると、彼SAWは、『確かに私は、あなた方二人分の熱が出ているのです。』と言った。それで私は、『それならあなたには、二倍の報酬がありますね。」と言うと、彼SAW は、「はい。」と言われた。そして、続けてこう言われた。『ムスリムが病気その他不幸にあったら、その代償としてアッラーは、その者の小さな罪を落として下さる。ちょうど、木がその葉を落すように。』 

  また、預言者さまSAW は、病人を見舞うと、治して下さるようにとアッラーに祈願したということで、次のハディースが伝わっている。預言者さまSAW は、サード・ビン・ワッカースの病気見舞いをしたとき、「アッラーよ!サードの病を御治し下さい。」と三回述べ祈願なされた。誠に、アッラーは、病気を治して下される御方であられる。

アッラーは、預言者イブラヒームが語ったことを、クルアーン・詩人たち章において述べておられる。

「また、私(イブラーヒーム)が病気になればその御方は、治して下さいます。」26章 80節)

預言者さまSAW は、「病人を見舞いなさい。」と述べ、病気見舞いをするようにと教えておられる。病気見舞いは、預言者さまSAWをお手本として行う、信者にとっての、とても立派な行いである。良いムスリムとして、病気見舞いに時間を割くことになるのであるが、仲間に対するその努力には、イスラーム社会の結束を高める大きな意義がある。病気見舞いには、病人の気持ちをやわらげ、回復の希望を持たせる素晴らしい行いである。だが、病人を疲れさせ困らせない為に、病気の早い回復の為に、病気見舞いをする信者たちは皆、見舞いの時間が長すぎることがないように心がけようではないか。

預言者ムハムマド、教友とその一家に祝福と平安がありますように。そして、正当なカリフ、アブー・バクル師、ウマール師、ウスマーン師、アリー師と、正しい道に従う者たちに、祝福と平安がありますように。

アッラーよ。病気見舞いをし、病人を勇気づけ回復を願う者であるように、御導き下さい。

アッラーよ。あなたさまを称讃し、あなたさまに感謝する者であるように、御導き下さい。

アッラーよ。あなたさまを愛し、預言者さまSAWを愛する者であるように、御導き下さい。

アッラーよ。預言者ムハムマドSAW をお手本として従い、イスラームの教えを守る者に、して下さい。

アッラーよ。私たちの信仰心を強くして下さい。私たちの過ちを御赦し下さい。

アッラーよ。仕事に成功を、そして安心と安全を御与え下さい。 アミィーン

Donation :)

All our activities are supported by generous donations from people. Donate for a good reason and help the community in Japan

礼拝時刻 金曜礼拝とフトバ

First Jumma Khutbah: 11:50 am

Second Jumma Khutbah: 12:30 pm

Last Jumma Khutbah: 13:00 pm