クルアーンを熱心に読み理解する者になろうではないか
投稿 : 2022年11月07日 (月)

大塚マスジド 金曜日礼拝ホトバ 要約(2022年11月04日)

あらゆる賞賛は、アッラーのもの。アッラーは、比べ得る何ものもない唯一の御方であられる。私は、アッラーの外に崇拝する存在はないことを証言し、また、ムハムマドは、アッラーの使徒であることを証言する。

信者たちよ。アッラーは、クルアーン・雌牛章において述べておられる。

「それこそは、疑いの余地のない啓典である。その中には、を畏れる者たちへの導きがある。」

(2章 2節)

啓典、即ち、クルアーンは、アッラーより天使ガブリエルへ。そして、預言者ムハムマドSAWへともたらされた。至高のアッラーは、聖クルアーンが尊重に値する崇高なものであると誓っておられる。クルアーンは、良く管理され、元のままに保持されている。アッラーは、クルアーンの文脈を最も豊かな表現で語られた。その表現の中には、分かりやすく証拠づけされた事実が見いだされる。。アッラーは、クルアーン・ユースフ章において述べておられる。

「・・・これらは、明瞭な啓典の印である。」(12章 1節)

クルアーンの内容というものは、熱心に読む者にとっては、明らかなものである。クルアーンは、良い文章で読みやすく書かれており、正確で最も完璧な文章構成になっている。クルアーンは、信仰篤い人にとって正しい道を示し、日々の生活については、品行や性格を良くする助けとなる。そして、人々を健全で健康へと導き、やがて、幸福へと導く。それは、両親との関係にも係割を持っている。アッラーは、クルアーン・砂丘章において述べておられる。

われは、両親に対し優しくするよう人間に命じた。・・・」 (46章 15節)

また、結婚している人については、配偶者との関係性についての規定もある。また、社会人としての信用と道徳についての教えもある。要するに、クルアーンは、生活のあらゆる事柄、場面に係わるものであり、理想的な良い生き方への指針となるものである。また、聖クルアーンを朗誦する者は、読むのに飽きることなく、繰り返して読みたいと思うようになる。そして、熱心に読み意味を知ろうとする者は、クルアーンを解読することに疲れることは無い。クルアーンを読み理解しようとする信者は、身体の緊張がほぐれ、穏やかさを体験し、気持ちに落ち着きを感じるようになるものである。

アッラーは、クルアーン・集団章において述べておられる。

アッラーは、この上ない素晴しい言葉を、互いに似た(語句をもって)繰り返し啓典で啓示なされた。を畏れる者は、それによって肌は戦き震える。その時、アッラーを讃え唱念すれば、肌も心もなごむ。・・・」 (39章 23節)

信者たちよ。至高のアッラーは、人々に主からの書クルアーンを熟読し、秘められている意味を理解しなさいと教えておられる。クルアーンには、高度で深い意味合いが含まれているのであるから、熟読することで知識を深め、得られた知識を大事にしてほしいものである。アッラーは、クルアーン・サード章において述べておられる。

われがあなたに下した啓典は、祝福に満ち、その印を沈思黙考するためのものであり、また、思慮ある者たちへの訓戒である。」 (38章 29節)

我々信者は、クルアーンが教える良い生き方の指針に従えば、自分の性格や振る舞いを良いものに形作ることが出来る。クルアーンの教えの故に、アッラーからの報奨を得て、勝利に向かうこととなるだろう。預言者ムハムマドSAWは、述べておられる。「クルアーンを読み続け理解に努めた信者の許には、審判の日にクルアーンが現れ、熱心に読んだ者であると証言してくれる。」  アッラーは、クルアーン・衣をまとう者章において述べておられる。

「・・・お前たちが、自分の魂のために予め行う、どんな良いことも、アッラーの御許でそれを見い出すだろう。その(善行に対する)報奨は、最善にして最大である。お前たちは、アッラーの御赦しを請い求めるがいい。誠に、アッラーは、寛容にして慈悲深くあられる。」(73章 20節)

預言者ムハムマド、教友とその一家に祝福と平安がありますように。そして、正当なカリフ、アブーバクル師、ウマール師、ウスマーン師、アリー師と、正しい道に従う者たちに、祝福と平安がありますように。

アッラーよ。クルアーンを熱心に読み理解する者であるように、御導き下さい。

アッラーよ。あなたさまを愛し、預言者さまSAW を愛する者であるように、御導き下さい。

アッラーよ。何時でもあなたさまを顧みて感謝し、満足を知る者であるように、御導き下さい。

アッラーよ。正しい道を歩む忍耐強い者であるように、御加護下さい。

アッラーよ。私たちの信仰心を強くして下さい。私たちの過ちを御赦し下さい。

アッラーよ。日々の生活に活力と喜びを、そして安心と安全を御与え下さい。 アーミィーン

Donation :)

All our activities are supported by generous donations from people. Donate for a good reason and help the community in Japan

礼拝時刻 金曜礼拝とフトバ

First Jumma Khutbah: 11:50 am

Second Jumma Khutbah: 12:30 pm

Last Jumma Khutbah: 13:00 pm