カテゴリー:ミャンマー ロヒンギャ支援


イードゥ=ル=アドゥハー犠牲のご案内1438/2017

アッサラームアライクム
マスジド大塚からのお知らせです。

イードゥ=ル=アドゥハーの犠牲について、下記の通りご案内いたします。

イードゥ=ル=アドゥハーとその後3日間に犠牲の動物を屠るのは預言者イブラーヒーム(彼に平安あれ)のスンナ(慣行)です。アッラーは仰せられます。
『さあ、あなたの主に礼拝し、犠牲を棒げなさい。』クルアーンカウサル章(第108章)2節

『それらの血も肉も、決してアッラーに達するわけではない。かれに届くのはあなたがたの篤信(タクワー)である。』クルアーン巡礼章37節

『また(犠牲の)ラクダ(や牛)を、われはあなたがたのためアッラーの儀式用とした。それらにはあなたがたへの(多くの)利益がある。(犠牲に供えるに当り)並べて、それらの上にアッラーの御名を唱えなさい。そしてそれらが横ざまに倒れ(動かなくなっ)たならば、あなたがたはそれを食べ、また口に出して請わない者、物乞いする者たちに食べさせなさい。このようにそれらをあなたがた(の用)に供させるのもあなたがたに感謝の念を起させるためである。』クルアーンハッジ章(第22章)36節

下記の国々において今年もイードゥ=ル=アドゥハーの犠牲を行います、インシャーアッラー。

《場所》

1、シリア
シリアで苦しい状況にある兄弟姉妹たちと楽しいイードを分かち合いましょう。

   

【シリアの包囲地域】
牛一人分(7人でのシェア):29,000円 羊一頭:35,000円
【シリアのその他の地域】
牛一人分(7人でのシェア):23,000円 羊一頭:25,000円
【申し込み締め切り】
2017年9月1日(金)

*シリアの振込先
ゆうちょ銀行 
店名 ゼロイチハチ(〇一八) 
口座番号 5649430 
口座名義 シュウ)日本イスラーム文化センター

*お振込後の連絡先:kafalah2012@gmail.com
*お名前、振込み名義、連絡先、犠牲の種類、銀行振込み領収書のコピーをお送りください。

2、ミャンマー
ミャンマーで虐げられているロヒンギャ族の兄弟姉妹たちを助けましょう。

   

【ミャンマー】
牛一人分(7人でのシェア):12,000円 羊一頭:13,000円
【申し込み締め切り】
2017年8月31日(木)
3、パキスタン
洪水被災者や困窮している兄弟姉妹たちを助けましょう。

   

【パキスタン】
牛一人分(7人でのシェア):10,000円 羊一頭:15,000円
【申し込み締め切り】
2017年8月31日(木)
4、バングラデシュ
困窮している兄弟姉妹たちを助けましょう。

   

【バングラデシュ】
牛一人分(7人でのシェア):10,000円 羊一頭:15,000円
【申し込み締め切り】
2017年8月31日(木)

5、日本

入信間もない方や日本で生まれ育ったお子さんにイスラームの宗教的儀式や慣行を見せる良い機会です。犠牲はイスラームにおける重要な崇拝行為のひとつで、イードゥ=ル=アドハーの時にしか見ることができません。また、肉を買う経済的余裕の無い同胞もおり、彼らと犠牲を分かち合うこともできます。

   

【日本】
牛一人分(7人でのシェア):45,000円
【申し込み締め切り】
2017年8月28日(月)

費用には肉の送料(冷凍便2個口5,000円)が含まれます。
(牛の数には限りがありますので、日本での犠牲のご希望の添えない場合もありますことをご了承ください)

*ミャンマー、パキスタン、バングラデシュ、日本の振込先
東京三菱UFJ銀行
大塚支店
普通 1363828
ジャパンイスラミックトラスト

*お振込後の連絡先
info@islam.or.jp またはFax 03-5950-6310
*お名前、振込み名義、連絡先、ご希望の国と犠牲の種類、銀行振込み領収書のコピーをお送りください。

《申し込み期限》
*日本:2017年8月28日(月)
*ミャンマー、パキスタン、バングラデシュ:2017年8月31日(木)
*シリア:2017年9月1日(金)

アッラーが善行を受け入れてくださいますように。
ワッサラーム。

ジャパンイスラミックトラスト マスジド大塚
170-0005 東京都豊島区南大塚3-42-7
FAX:03-5950-6310
電話:03-3971-5671
E-MAIL:info@islam.or.jp

イベント・交流会, シリア支援, その他海外支援, ミャンマー ロヒンギャ支援

ミャンマーの兄弟姉妹たちへ支援のお願い!

2012年8月11日

ニュースではあまり報道されることがありませんが、ミャンマーには長年にわたりあらゆる権利を奪われているムスリムたちがいます。彼らはロヒンギャ族という民族で、7世紀ごろからその土地に住んでいたにもかかわらず、ミャンマー政府から国籍を奪われ、不法移民として不当に虐げられています。そればかりか、彼らに対する虐殺や略奪も行われています。

ミャンマー ロヒンギャ支援