2月14日のハディース

2013年2月14日
アイーシャ様が言い伝えたところによる伝承です。 預言者様(祝福と平安あれ)、次のようにおっしゃいました。 「死んだ者のことを悪く言ってはいけません。なぜなら、彼らは最後の審判の証拠として提出したものを自分で目のあたりにしているからです。」(アル=ブハーリによる伝承) コメント:このハディースでは、死んだ者の悪い所について私たちがあれこれと述べることは良くないことであるとしています。なぜならば、死んだ者は生きているときに蒔いた種から出たものを自分で刈り取らなければならないからです。つまり、死んだ者はアッラーと対面しており、罪の代償を支払っているのです。
ハディース.

コメントは停止中です。