JITの目的と活動