聖ラマダーン月を迎える心構え(2017年5月26日)

大塚マスジド 金曜日礼拝ホトバ 要約 (2017年5月26日)

―― 聖ラマダーン月を迎える心構え ――

あらゆる賞賛は、賞賛を受けるに相応しい御方であられるアッラーのもの。アッラーでなくして、人々が崇拝するものは存在せず、アッラーには共同者はないことを証言する。また、ムハムマドは、アッラーのしもべであり、使徒であることを証言する。

信者たちよ、アッラーの教えを大切に思い、教えに従った生活を営みなさい。

アッラーは、クルアーン・部族連合章及び量を減らす者章において述べておられる。

「信仰する者よ、アッラーを畏れなさい。実直な言葉でものを言いなさい。」「アッラーは、お前たちの為に数々の行いを矯正され、色々な罪を赦される。アッラーとその使徒に従う者は、確実に大きな幸福を成し遂げ手にする者である。」(33章 70–71節)

「・・・これを求めて熱望する者には、熱望させておきなさい。」(83章 26節)

現世において、人々がどのようなものかといえば、望みに向かって前を見て、目標を達成しようと競うものである。誰もが望みを追い求め、良い結果を望むものである。人々が望みを達成しようとして励む最も良い方法というのは、アッラーの御悦びを求めて善行に務めることである。そして、善事、善行に務めるに当たって、至高のアッラーが設けられた聖ラマダーン月以上の時期というのは無いのである。しもべたちがアッラーに御近づきになり、報酬を増やして頂ける特別の時期として、アッラーは、聖ラマダーン月を設けられた。アブー・フライラ(平安を)は伝えている 。アッラーの御使いSAWは、「ラマダーン月になると慈悲の扉という扉は、広々と開放され、地獄の扉という扉は、固く閉ざされる。そして、シャイタン等は、鎖でつながれる。」と言われた。

信者たちよ、アッラーの御使いムハムマドSAWは、自分自身をより良くして備え、清い心で聖ラマダーン月を迎えるようにと述べられたというではないか。そして、アブー・フライラ(平安を)は伝えている。アッラーの御使いSAWは、「あなた方は誰でも、断食をし、起床したならば、みだらな言葉を用いてはならない。そして、誰かが悪口を言ったり口論をしかけて来たら、『私は、断食をしている。』と言いなさい」と申された。至高のアッラーの教えを守る敬虔な信者たちは、聖ラマダーン月を迎えるに当たって、十分な準備を整える。元気でラマダーン月を迎えられるようにと、アッラーに祈願する。そして、ラマダーン月が終わりに近づくと、断食斎戒と夜の礼拝とをもっと続けたいものだと願い、聖ラマダーン月の徳が一年中続いて欲しいものだと願うものである。嘘をついたり、無駄話をしたり、みだらな話をすることは、常日頃より良くないこととして戒められているが、ラマダーン月には、舌による災い、即ち、喋ることによる災いを起さないように、一層の注意を払うべきである。アッラーの御使いSAWは、「断食斎戒中に、不用意な会話や行いをする者については、アッラーは、その者たちが飲食を断っていることを高くは評価なされない。」と言われた。

信者たちよ、慈悲に満ち、赦しに溢れるラマダーン月を、間もなく迎えるのであるが、準備は十分であろうか。アッラーは、祈願を受け入れられ、過ちを赦して下されるのであるから、その機会を逃さないように十分に備えなさい。また、この聖ラマダーン月には、至高のアッラーは、信者たちの善行を積もうとする競争を御覧になられ、良い行いを褒め称えて天使たちに誇らかに語られるということである。ラマダーン月の間にアッラーを思い、アッラーに御赦しを請う者に対して、アッラーは、願いを叶えて下されるのであるから、良いことに努めようと心掛けなさい。一方で、アッラーの慈悲に気付かないということは、そのことが困難を運命づけられているということである。ラマダーン月は、善行が増えることによって、良い物事が増える時であり、アッラーが禁止された事柄に身を任せてしまわないようにと守られる時である。ラマダーン月は、良い行いに励み、悪いことへの誘惑に負けることがないように努める時であり、御赦しを得て楽園に近付く為の好機である。断食斎戒というものは、飲食を絶つだけのものではなく、嘘を言ったり、無駄話をしたりするのを控えるのが大事であり、心、眼、耳、舌の全てに注意を払い、普段よりも冷静で、気高くあるべき時である。

クルアーンを読誦し、信仰行為に熱心であり、無駄話や良くない話をすることなく時間を過ごし、アッラーの恩恵を得ようとする者でありますように。預言者さまSAW は、「アッラーは、良いことを語るしもべ、ないし、沈黙を守るしもべが御好きである。」と述べておられる。アッラーよ、シャーバン月の残りの日に祝福がありますように。ラマダーン月まで生きながらえ断食斎戒に加わる機会が得られますように。ラマダーン月の信仰行為が全う出来ますように。悪いものに心が惹かれてしまうことが無いよう御守り下さい。舌が悪いことを語ることなく、クルアーンを読誦するように御導き下さい。良い信者と共にあり、あなたさまの御命令に従う者の仲間であるように御導き下さい。アッラーは、クルアーン・婦人章において次のように述べておられる。

「お前たち信仰する者よ、アッラーに従いなさい、また、使徒とお前たちの中の権能をもつ者に従いなさい。・・・」(4章 59節)

聖典クルアーンと、アッラーの御使いムハムマドSAWの言行に学び、教えに従って行動出来る者でありますように。信仰行為に熱心に取り組むことが出来ますように。御赦しが得られる機会が増すようにと、最も慈悲深く、御赦しになられる御方、アッラーに-懇願しようではないか。

預言者ムハムマド、教友とその一家に祝福と平安がありますように。そして、正当なカリフ、アブー・バクル師、ウマール師、ウスマーン師、アリー師と、正しい道に従う者たちに、祝福と平安がありますように。

アッラーよ、ラマダーン月には、悪いことを避け良い行いに励むことが出来るように御導き下さい。

アッラーよ、あなたさまを称讃し、あなたさまに感謝する者であるように御導き下さい。

アッラーよ、あなたさまを愛し、預言者さまSAW を愛する者であるように、御導き下さい。

アッラーよ、預言者ムハムマドSAW に従い、イスラームの教えを守る者にして下さい。

アッラーよ、私たちの信仰心を強くして下さい。私たちの過ちを御赦し下さい。

アッラーよ、日本中に、世界中にイスラームを広められるように御力添え下さい。

アッラーよ、イスラームとムスリムたちの為に奉仕出来るように力と御加護を御与え下さい。

アッラーよ、病気の者たちを御治し下さい。仕事の無い者たちに清い仕事を御与え下さい。

アッラーよ、日々の生活に活力と喜びを、そして安心と安全を御与え下さい。 アミィーン

ホトバ要約.

Comments are closed.