楽園へ近づく為の最小限の任意の礼拝と良い行い(2017年5月12日)

大塚マスジド 金曜日礼拝ホトバ 要約 (2017年5月12日)

―― 楽園へ近づく為の最小限の任意の礼拝と良い行い ――

あらゆる賞賛は、賞賛を受けるに相応しい御方であられるアッラーのもの。アッラーでなくして、人々が崇拝するものは存在せず、アッラーには共同者はないことを証言する。また、ムハムマドは、アッラーのしもべであり、使徒であることを証言する。

信者たちよ、本日のホトバでは、ムスリム、ムスリマの皆が楽園への歩を進め近付く為の、最小限の任意の礼拝や良い行い八つについて取り上げる。その八つの事は、アッラーの思し召しによって、大きな価値を生むものである。悪事に対する御赦し、墓での懲罰からの御加護、楽園で家を御用意頂けること、懇願に対する御応え、飢餓に対する御加護、必要がある時の御救済、心配事の除去というものである。これら八つの事を実行するのには、60分とは掛からない。

行い1: 義務の礼拝に伴う12ラカートの任意の礼拝を行う。それは、ファジュル礼拝前の2ラカート、ズフル礼拝前の4ラカートと後の2ラカート、マグリブ礼拝後の2ラカート、イシャー礼拝後の2ラカートである。

・ 恩典: これらの12ラカートを続ける者には、アッラーは楽園に家を建てて下される。

・ 典拠: ハディース「昼と夜に12ラカートの礼拝を行った者には天上の楽園に家が建てられるであろう。」

行い2: 真夜中の2ラカートの礼拝を行う。

・ 恩典: ドゥア(祈願)に御応え頂ける。悪事に対する御赦し。必要がある時の御救済。

・ 典拠: ハディース「毎夜、アッラーは、夜半に低い所まで降りてこられ、われに祈る者に応え、われに求める者に与え、赦しを乞う者を赦そうではないかとおっしゃる。」

行い3: ドーハの2、4ないし8ラカートの礼拝を行う。

・ 恩典: 身体は360の関節があるように作られた。それへの感謝を込めたサダカであり、健康保持になる。

・ 典拠: ハディース「人間1人1人は、360の関節があるように作られた。それで、アッラーを称賛し(tasbih:スブハッナッラー)、アッラーの栄光を讃え(tahmid:アルハンドゥリッラー) 、アッラーの外に崇拝する何ものも無いと唱え(tahlil:ラーイラーハイッラッラー)、アッラーをは偉大なりと唱え(takbir:アッラーフアクバル)アッラーに感謝し、それらのことは、各々がサダカである。そして、アッラーを崇めて御赦しを乞い、善行を勧め、忌むべき事を禁じる者は、関節は健全に保たれ、その日(即ち、復活の日)には、地獄から遠のく方向へと歩む。日の出後の2ラカートの礼拝はそれらに代わる。」

行い4: クルアーン・大権章(67章)の読誦。

・ 恩典: 墓での懲罰からの御加護。

・ 典拠: ハディース「30節からなるクルアーン(大権章)の第1節は、それを読む者が御赦しを得られるまで仲裁の役を果たしてくれる。それは『大権を掌握なされる方に祝福あれ。』である。」

行い5: 「アッラーの外に崇拝する何ものもなく、アッラーは、唯一の御方にして同等に並べるものは無い。主権を掌握なされ、唯一の賛美される御方で、全能の御方。(la ilaha ila ALAH wahdahu la sharika lah, lahu almulk w lahu alhamd w huwa ala kuli shayin qadir)」を唱える。

・ 恩典: 奴隷10人の解放に等しい報酬、即ち、100の善行の記録、100の悪行の抹消、シャイターンからの守りである。

・ 典拠: ハディース「次の言葉、即ち、『アッラーの外に崇拝する何ものもなく唯一者にして同等に並べるものは無い。主権を掌握なされ、唯一の賛美される御方で、全能の御方。(la ilaha ila ALAH wahdahu la sharika lah, lahu almulk w lahu alhamd w huwa ala kuli shayin qadir)』を毎日100回唱える者には、10人の奴隷を解放するに等しい報酬が約束される。そして、100の善行と記録されると共に、100の悪行の抹消がなされる。また、この言葉は、その日の夜までシャイターンからの守りとなる。毎日100回以上唱え、更に、善行を積む者はもっと良い。」

行い6: 預言者ムハムマドSAWの為に100回礼拝を行う。

・ 恩典: 窮状からの御救済と、アッラーからの礼拝を得ること。

・ 典拠: ハディース「私(預言者)の為に礼拝を行う者は誰でも、アッラーは、その者の為に10回の礼拝を行って下される。」「けちん坊とは、彼の行いについて言うならば、私の為に礼拝を行わない者である。」

行い7: 「至高なるのアッラーを讃えます(Subhana Allah aladhim w bihamdihi)」と100回唱える。

・ 恩典: 100本のナツメヤシの樹を楽園で植えて頂ける。

・ 典拠: ハディース「至高なるアッラーを讃えます。(Subhana Allah aladhim w bihamdihi)」と唱える者は誰でも、楽園において1本のナツメヤシの樹を植えて頂ける。」

行い8: 「アッラーに懺悔します(Astaghfiru Allah)」と100回唱える。

・ 恩典: アッラーは、困難を取り除いて下され、そして、レゼキ(得られるもの)を増やして下される。

・ 典拠: ハディース「何時も懺悔する者には、アッラーは、困難からの抜け道を示し、そして困難を取り除き、期待するより以上のレゼキ(得られるもの)を増やして下される。」

我々は、アッラーに正しい導きを祈願し、希望は、楽園に入れて頂く事であると、祈願しようではないか。

預言者ムハムマド、教友とその一家に祝福と平安がありますように。そして、正当なカリフ、アブー・バクル師、ウマール師、ウスマーン師、アリー師と、正しい道に従う者たちに、祝福と平安がありますように。

アッラーよ、楽園へ近づく為の任意の礼拝と良い行いを毎日行う者であるように御導き下さい。

アッラーよ、あなたさまを称讃し、あなたさまに感謝する者であるように御導き下さい。

アッラーよ、あなたさまを愛し、預言者さまSAW を愛する者であるように、御導き下さい。

アッラーよ、私たちの信仰心を強くして下さい。私たちの過ちを御赦し下さい。

アッラーよ、日本中に、世界中にイスラームを広められるように御力添え下さい。

アッラーよ、イスラームとムスリムたちの為に奉仕出来るように力と御加護を御与え下さい。

アッラーよ、日々の生活に活力と喜びを、そして安心と安全を御与え下さい。 アーミィーン

ホトバ要約.

Comments are closed.