教友の一人サルマン師の生い立ち(2017年2月17日)

大塚マスジド 金曜日礼拝ホトバ 要約 (2017年2月17日)

―― 教友の一人サルマン師の生い立ち ――

あらゆる賞賛は、賞賛を受けるに相応しい御方であられるアッラーのもの。アッラーでなくして、人々が崇拝するものは存在せず、アッラーには共同者はないことを証言する。また、ムハムマドは、アッラーのしもべであり、使徒であることを証言する。

信者たちよ。至高のアッラーは、クルアーン・部族連合章において述べておられる。

「信者の中には、アッラーと結んだ約束に忠実であった人びとが(多く)いたのである。或る者は、その誓いを果し、また、或る者は(なお)待っている。彼らは少しも(その信念を)変えなかった。」(33章 23節)

預言者ムハムマドSAWの教友たちは、敬虔な信者の第一人者たちであった。イスラームの教えを学び、信仰篤い者たちの最高峰にあり、その為に、天地の主であられるアッラーに御近づきになろうと努力した。教友たちについては、立派なムスリムとして多くのことが語り継がれている。

信者たちよ。そうした教友たちの中でも、サルマン・アルファレシ師(平安を)の生い立ちには、特異なものがあるが、今日のホトバは、そのサルマン師に関するものである。サルマン師は、イランの出身であり、父親は、地方の金持ちであり、社会的地位の高い人物であった。サルマン師は、父親に愛され信頼され、火を拝む宗教の責任ある地位につく為に、呪術師になる為に努力を惜しまなかった。そんな或る日、サルマン師は、キリスト教の礼拝を見て心を惹かれ、キリスト教を学ぶ為の旅に出ることとした。シリアで立派な指導者に出会い逗留したものの、その人物は詐欺師であることが分かった。それでもあきらめず、新しい指導者を捜し、その人物が亡くなるまで学び通した。その指導者は、本当に敬虔で立派な人物だった。その後、イラクでは、何人かの指導者に学んだ。やがて、預言者がアラブの地に現われるのであるが、それまでは、真理を知る者は存在しないから、その預言者を捜しなさいと教えてくれる指導者に出会った。サルマン師は、再び旅立ち、マディーナに至り、ユダヤ人の奴隷となった。それは、預言者ムハムマドSAWがマディーナに移り住む直前のことであった。サルマン師は、預言者ムハムマドSAWについて知ることとなり、従うことに決めた。かって、サルマン師の指導者が教えてくれた真理を携えた預言者の特徴を預言者ムハムマドSAWに見い出した。間もなくして、サルマン師は、真理に巡り会えたと確信し、イスラームを受け入れムスリムとなり、預言者ムハムマドSAWの近くにいる教友たちの一人となった。

サルマン師(平安を)は、どのようにして立派な信者となったのか。サルマン師は、真理を極めるに当たって、苦難があったというではないか。

1.第一には、彼を束縛しようとした父親との戦いがあった。

2.自分が置き去りにした家族と故郷に対する思いに悩みながらも、真理を知ることに努めた。

3.金持ちでありながら、そのことには無頓着であった。

4.娯楽や世間の出来事には心を奪われず、目標は真理を極めることだけだった。

5.故郷では、宗教的呪術師となる栄光が待ち受けていることを悩んだ。

6.もっぱら、真理と誠の創造主アッラーについて知ることに執着した。

7.真理を極める為の道は遠く、骨が折れるものであっても、突き進んだ。

8.真理の探究に当たって、孤独なことがあっても強い精神力で臨んだ。

9.真理の探究に当たって、指導者がいない時でも強い精神力で臨んだ。

10.イスラームを解説した書物はない時代であり、指導者は殆どいなかった。

11.最初に出会った師は詐欺師であったが、諦めなかった。

12.孤独な時を過ごし、マディーナでユダヤ人の奴隷になるまで、奴隷として何人もの主人に仕えた。

信者たちよ、イスラームが勝利した後、サルマン師(平安を)は、ペルシャ(イラン)の王子になったという。アッラーの道の為に何かを残した者に、アッラーは、何か良いものを下される。アッラーの道の為に何かを残せば、アッラーは、何か良いものをきっと下される。アッラーが約束されるなら、アッラーはきっと約束を果たされるものであるが、人間は、往々にしてせっかち過ぎるものであり、未だ約束を果たして下さらないと気をもみ続けるものである。

アッラーは、クルアーン・離婚章において述べておられる。

「・・・また、アッラーを畏れる者には、その御方は(解決の)出ロを備えられる。」「思いも寄らないところから恵みを与えられる。アッラーに御任せする者にとって、その御方は万全であられる。・・・」(65章 2–3節)

偉大な宗教イスラームは、献身的であることを期待する。献身的であれば、アッラーからの大事なものを期待できる。アッラーからの大事なものとは、楽園である。

預言者ムハムマド、教友とその一家に祝福と平安がありますように。そして、正当なカリフ、アブー・バクル師、ウマール師、ウスマーン師、アリー師と、正しい道に従う者たちに、祝福と平安がありますように。

アッラーよ、預言者さまSAWと教友たちの敬虔さに学ぶ者であるように御導き下さい。

アッラーよ、あなたさまを称讃し、あなたさまに感謝する者であるように御導き下さい。

アッラーよ、あなたさまを愛し、預言者さまSAW を愛する者であるように、御導き下さい。

アッラーよ、私たちの信仰心を強くして下さい。私たちの過ちを御赦し下さい。

アッラーよ、日本中に、世界中にイスラームを広められるように御力添え下さい。

アッラーよ、イスラームとムスリムたちの為に奉仕出来るように力と御加護を御与え下さい。

アッラーよ、日々の生活に活力と喜びを、そして安心と安全を御与え下さい。 アミィーン

ホトバ要約.

Comments are closed.