シリアの今 報告会のご案内 – 2月20日(土)

2016年2月18日

下記の通り、シリアの現状に関する報告会を行ないます。

日本のメディアからは知ることのできないシリアで暮らす人々の現状ついて、ぜひ耳を傾けてください。

日時:
2月20日(土)18時から
場所:
マスジド大塚3階
報告者:
シリア人医師 アル・ケラーニ バハさん


*会場がマスジド3階で、男性もいます。髪はスカーフで覆い、肌と体の線の見えない服装でお願いします。

シリアの今
~シリア人医師に聞く医療支援の現場から~

5年近くに及び、犠牲者が25万人を越えるといわれるシリア内戦。
昨年はヨーロッパに逃れる難民の状況がニュースになりましたが、シリア国内に留まって暮らす多くの人々の現状はあまり伝えられません。

シリア人医師、アル・ケラーニ バハさんの所属するSEMA(Syrian Expatriate Medical Association 本部:トルコ)は、初期治療を含むあらゆる医療サービスを提供しながら、シリア国内各地に野戦病院を設立するなど、第一線で市民の命を守り続けている非営利組織です。

このたび急遽来日することになったバハさんに、現在のシリアにおける医療活動の状況と、SEMAの今後の活動予定をお話ししていただきます。

なお、2月22日(月)18時30分からは京都大学、
2月23日(火)19時からは西宮市男女共同参画センターでも、報告会が行なわれます。

皆様にアッラーのお導きがありますように。

イベント・交流会, シリア支援, 学習・教育.

Comments are closed.