池袋ホームレスの方への炊き出し支援のご報告(2013.1.11)

2014年2月11日

12月27日の炊き出しに参加したエジプト人学生たちからの発案で、急遽続けての炊き出し参加となりました。

当日、エジプト人学生の方々は、モスクでデザートのお米のお菓子、野菜サラダを準備しました。
ドレッシングもレモンを使ったエジプト風です。

モスクからは、白菜とあげのお味噌汁です。お野菜とあげは、女性の方が切って準備をしました。
食後用には、お米の甘いデザートと一緒に温かなチャイを準備しました。

モスクからは、寒さをしのいでいただけるように、ズボン下、肌着、下着、手袋、ネックウォーマーの合計350人分をパッケージしてメッセージカードと一緒に準備しました。

プレゼント品は、子どもたちや女性の方が一緒に袋詰めをしてくださいました。
6時半にモスクを出発して池袋の公園に向かいました。寒い中、すでに多くの方々が並んで待っていました。

この日の炊き出しに並ばれた方は234人、合計400食のチキンカレーは何回もおかわりする方もいらして全て食べきりでした。スパイスが効いていて美味しい!ととても好評でした。

お米のデザートも、シナモンの風味で、レーズンや松の実も飾ってあってとても美味しいと好評でした。
ハラールのお店で買った、バングラディツシュのクッキーとナツメヤシ(デーツ)も食べていただきました。

今回もお米は、てのはしさんで炊いてくださいました。100名分は、てのはしさん特製のすいとんでした。これはボランティアの高校生が作ったそうです。

食事が、一巡してからは、プレゼントをお渡ししました。
特に高齢の方には、リクエストのあったズボン下をお渡ししました。

当日は、モスクからは、ボランティアとして、20名以上の方が参加しました。

次回は、三月を予定しています。
皆さまのご協力に感謝いたします。

プレゼントの品々は、年末、年始にもかかわらず、バンバンバザールさんが奔走して
良い商品を集めてくださいました。ありがとうございました。

エジプト人学生の方からの報告が届いておりますので、下記に掲載致します。

私達はこの度の支援を通して、『貧しい人に優しくする』というイスラームの教えを実行でき、とても嬉しく思います。
また支援に参加出来ることを希望致します。  

参加したエジプト人:9人
エジプト人学生からの費用:6万円

その他国内支援.

Comments are closed.