良い品性と良い品行

2013年1月25日

大塚マスジド金曜日礼拝ホトバ要約 (2013月1月25日)

称賛は、全能のアッラーのもの。森羅万象を完全な形に創造なされ、偉大な預言者、ムハムマド(祝福と平安を)に最良の生き様を教えられ、ムハムマド(祝福と平安を)の品性と品行を高潔になされ、御自身の使徒として指名し採用なされた御方であられる。

そして、アッラーは、良い品性を望み、善良であろうと望む者には、預言者さま(祝福と平安を)に従うが故に恩恵を与えられる。アッラーよ、我々が愛する預言者さま(祝福と平安を)への愛が高まるように、楽園の高い位階において預言者さま(祝福と平安を)の友であるように、心から祈願致します。

日本語

信者たちよ、目に見える良い行いは、人目に付かない隠れた良い行いの元になるものであることは間違いない。
預言者さま(祝福と平安を)には、良い品性と、人々に対し良く接する術が授けられた。そして、預言者さま(祝福と平安を)は、良い品行を実現し、人々への魅力的な指導が出来るようにとアッラーに御加護を祈願された。

預言者さま(祝福と平安を)は、次のように祈願をなされたという。
「アッラーよ! 私のよりどころを確かにして下さい。良く御導き下さい。」 
また、次のように祈願なされた。
「アッラーよ! 私を悪い品性と品行から御守り下さい。」 
そして、クルアーンには、愛される預言者さま(祝福と平安を)の位階が高められたことの目的が明らかに示されており、預言者としての役割の重要な部分が、人を浄化することであることが述べられている。

アッラーは、クルアーン・合同礼拝章及びイムラーン家章において次のようにのべておられる。

「その御方こそは、文盲の者の間に、彼らの中から使徒を遣わし、印を読み聞かせて彼らを清め、啓典と英知を教えられた方である。本当に彼らは、以前は明らかに邪道にあった。」(62章  2節).

「誠、アッラーは、信者たちに対して豊かに恵みを授けられ、彼らの中から、一人の使徒をあげて、啓示をかれらに読誦させ、かれらを清め、また啓典と英知を教えられた。これまで彼らは明らかに迷誤の中にいたのである。」(3章 164節)

品性の改善と浄化は、聖預言者であることの使命にも相当するものであり、預言者さま(祝福と平安を)は、「私は、最良の品性の手本として完全なものとされ遣わされた。」と述べておられる。

信者たちよ、イスラームの特性は、誠実、正直、公正、優しい、親切などの個々の良いものの集合体ではない。
イスラームは、個人個人の教育を通じて、適法な定めを各自の中に確立して完全な手段であって、全体として人生に係わり、その方向性を明確にする手段である。
結果としては、それは主の御満悦を願うものであり、それ以外のものではない。ここから生まれ出た品性良く、完全で、優美で、首尾一貫し調和がとれた、真直ぐで、単一であるものは、預言者ムハムマド(祝福と平安を)の個性に反映されているのである。それは当然ながら、全能のアッラーにとっては賞賛に値するものなのである。
アッラーは、クルアーン・筆章において次のように述べておられる。

「本当にあなたは、崇高な徳性を備えている。」
(68章 4節)

ここで、良い品行と善良な行いの重要性に係わるハディースを紹介しようではないか。

  1. アッラーの御使いはおっしゃられた。「善良(ビッル)とは親切で思いやりのある性向のことです。そして悪徳(イスム)とはあなたの胸を疑惑と罪の意識による恐怖でかき乱すもので、他人にはそれをどうしても知られまいとするものである。」
  2. アッラーの御使いは、無駄話に加わらなかっただけではなく、それを聞くことも望まれなかった。そして、「最良の人とは、行いの善い人のことである。」とおっしゃられた。」
  3. アッラーの御使いはおっしゃられた。「終末の日に、善い行い以上に信者の計りを重くするものは存在しない。アッラーは、口が悪い者を御好みではない。」
  4. アッラーの御使いはおっしゃられた。「信者の中で、信仰において最も完全な者とは,行いの最も優れた者である。また、あなたがたの中で最上の人物とは、妻に最も良くする者である。」
  5. アッラーの御使いはおっしゃられた。「夜半の礼拝を行い、昼間断食斎戒する者の位階は、良い行いの故に高められ達成されるだろう。」
  6. アッラーの御使いはおっしゃられた。「終末の日に、あなたと私との間を最も親愛で最も近いものとする者があるとすれば、それは、品行において最良の者である。」
  7. アッラーの御使いはおっしゃられた。「私は、喩え自分が正しいにして論争を避ける者には楽園のどこかにある家を保障する。私は、喩え冗談の為であっても嘘を言わない者には楽園の中位の場所にある家を保障する。そして、私は、品行の良い者には楽園の高位の場所にある家を保障する。」

良い品性と良い行いに、真面目な気持ちで従おうではないか。そして、幸福を行き渡らせるようになろうではないか。敬神の念で満たされた人々の中にあるようになろうではないか。さらに、来世では、アッラーの愛により満たされようではないか。」

アッラーよ、私たちが品行の良い者であるように御導き下さい。
アッラーよ、預言者ムハムマド(祝福と平安を)に従い、イスラームの教えを守る者にして下さい。
アッラーよ、私たちの信仰心を強くして下さい。私たちの過ちを御赦し下さい。
アッラーよ、日本中に、世界中にイスラームを広められるように御力添え下さい。
アッラーよ、イスラームとムスリムたちの為に奉仕出来るように力と御加護を御与え下さい。
アッラーよ、病気の者たちを御治し下さい。仕事の無い者たちに清い仕事を御与え下さい。
アッラーよ、仕事に成功を、そして安心と安全を御与え下さい。 アミィーン

ホトバ要約.

Comments are closed.