池袋ホームレスの方への炊き出し支援のご報告

2012年12月22日

アッサラームアライクム ワラハマトゥッラーヒ ワバラカートゥフ

いつも支援金などにご協力いただき、まことにありがとうございます。
12月22日(土)に行ないました、池袋のホームレスの方たちへの炊き出し支援についてご報告いたします。
2週間に1度、池袋のホームレスの方へ炊き出しを続けている、TENOHASHIグループのお手伝いです。
http://tenohasi.org/

日時:12月22日(土)18時30分ごろから
場所:東池袋中央公園(サンシャインの横)
メニュー:チキンカレー、サラダ(キャベツ、キュウリ、レタス、トマト、ヨーグルトドレッシング)/300人分

今回の炊き出しでは、TENOHASHIグループでジャワカレーを300人分、マスジド大塚でチキンカレー300人分を準備し、あわせて約600人分を配食しました。

マスジド大塚ではサラダも準備しました。食後にはTENOHASHIグループのケーキとコーヒーも配られていました。

大塚モスク特製の本格チキンカレーのスープは、前日にムスタファさん達が仕込みました。

当日は13時にモスクに集合し、池本さんご夫婦、なかのさん、内海で、ムスタファさんの指示のもと、炊飯とサラダの準備をしました。

お米は300人分、35キロです。モスクの炊飯器4台がフル回転でした。
近くのレストランSABAのオーナーも助けてくれて、大量のキャベツ、トマト、キュウリ、レタスを刻みました。
ヨーグルトドレッシングもSABAのオーナーの工夫で驚くほどおいしくなりました。

出発前にカレースープに鶏肉を入れて温めました。カレーに入れる鶏肉は、先にショウガ、ニンニク、ターメリックで煮込んでおくそうです。

18時過ぎにハールーンさんの運転でカレー鍋とサラダ、ご飯のボックスを積み込み、池袋の公園に向かいました。
配食にはムスリム女性3名参加。退院されたばかりのSheikh Niyamatullahさんも同行されました。

公園にはTENOHASHIのボランティアの方達もすでにたくさん集まっていて、寒い中、ホームレスの方々が並んで待ってくれています。

アキールさんとTENOHASHIの事務局の方が挨拶をし、打ち合わせと準備をしました。
TENOHASHIの方が手際よく導線を考えテーブルを設置してくれ、「本格カレー」と宣伝してくださって、配り始めるとあっという間になくなりました。

ホームレスの方からも「サラダもっと入れてください」「おいしかった!」など次々声がかかって大盛況でした。

マスジド大塚では、12月27日(木)にも、埼玉県の騎西高校に避難している福島県双葉町の方々へ炊き出し支援をおこないます。
お手伝いしてくださる方は下記までご連絡ください。
msjd.otsuka@gmail.com

日時:12月27日(木)9時に大塚モスクを出発予定
場所:埼玉県加須市の騎西高校(埼玉県加須市騎西598-1)
東日本大震災から1年9ヶ月が経ちますが、騎西高校では今でも福島県双葉町から160人の方が避難生活を続けておられます。

チキンカレーと野菜ジュース、みかんを予定しています。
ご協力くださる方、ご連絡をお待ちしております。
ワッサラーム

その他国内支援.

Comments are closed.