東日本大震災支援 報告96

2011年11月30日

アッサラームアライクム ワラハマトゥッラーヒ ワバラカートゥフ

いつも支援金などにご協力いただき、まことにありがとうございます。11月27日に行ないました支援物資輸送第96便についてご報告いたします。

日時:11月27日(日)
場所:雇用促進住宅いわき内郷宿舎
人数:200人分
メニュー:
ジャガイモとニンジンとチキンのカレーライス、韓国海苔、
ジュース(オレンジ、アップル、野菜)

11月27日(日)、雇用促進住宅いわき内郷宿舎の敷地内の広場で開催された炊き出しのイベントで、大塚モスクのカレーを、韓国海苔、ジュースと一緒に配食しました。
現在、雇用促進住宅いわき内郷宿舎には、津波被害、原発事故から避難されている方々が生活されています。
事前に大きな鍋2つ分のカレーとライスを、ニザム ウディンさん、ムスタファさんが仕込んでくれました。

韓国海苔は、池本さんの友達で韓国ソウル在住の孔さんが、友人の方達と一緒に「被災地に届けてほしい」と送ってくださったものです。

大塚モスクからは5人が、マシュクールさんの運転で朝 6時過ぎに出発しました。9時頃いわきモスクに到着し、カレーを温めて、いわきモスクのラジャさん、ナシールさんと一緒に、会場「雇用促進住宅いわき内郷宿舎」に向かいました。

12時頃到着しましたが、天気がとてもよく、たくさんの人が敷地内の広場に集まっていました。
会場のボランティアスタッフの方たちが準備を手伝ってくれて、すぐに配食し、13時過ぎにはすべて配り終えました。

この日のイベントでは、大塚モスクのカレーの他にも、おにぎり、秋田のいもの子汁などの料理がにぎやかにふるまわれていました。
屋内施設では、口笛太郎さんの公演もあり、盛り上がっていました。
屋外にテーブルが用意されていて、集まった方たちがご家族などで楽しく食べられていました。

カレーも韓国海苔も大変好評で、カレーは「とてもやさしい味でおいしかった」と感想をいただきました。韓国海苔は大好きなのでうれしいと言ってくれる方がたくさんいました。
残ったカレーも、希望者に容器で持ち帰っていただきました。持ち帰り用の鍋を持ってきてくれる方もいました。とても喜んでいただいたようです。

ジャパン・イスラミック・トラストでは、引き続き炊き出しなどを継続するための支援金を募集いたします。
みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

【支援金の振込先】

三菱東京UFJ銀行 大塚支店 普通1363828
ジャパン イスラミック トラスト

被災した方々にアッラーの助けがありますように。
ご協力くださったみなさまにアッラーの報奨がありますように。

宗教法人 日本イスラーム文化センター
ジャパン・イスラミック・トラスト (マスジド大塚)
170-0005東京都豊島区南大塚 3-42-7
Tel: (03)3971-5631 Mobile:090-2455-6253
Fax:03-5950-6310
E-Mail: info@islam.or.jp

東日本大震災支援.

Comments are closed.