イードゥ=ル=アドゥハー(犠牲祭)

2011年10月27日

イードゥ=ル=アドゥハー犠牲の御案内

アッサラームアライクム
マスジド大塚からのお知らせです。

イードゥ=ル=アドゥハー (犠牲祭/今年は11月6日(日)または7日(月)) の犠牲について、下記の通りご案内いたします。

イードゥ=ル=アドゥハーとその後3日間に犠牲の動物を屠るのは預言者イブラーヒーム(彼に平安あれ)のスンナ(慣行)です。アッラーは仰せられます。
『さあ、あなたの主に礼拝し、犠牲を棒げなさい。』クルアーンカウサル章 (第108章) 2節

『それらの血も肉も、決してアッラーに達するわけではない。かれに届くのはあなたがたの篤信(タクワー)である。』クルアーン巡礼章37節

『また(犠牲の)ラクダ (や牛) を、われはあなたがたのためアッラーの儀式用とした。それらにはあなたがたへ の(多くの) 利益がある。 (犠牲に供えるに当り) 並べて、それらの上にアッラーの御名を唱えなさい。そしてそれらが横ざまに倒れ (動かなくなっ) たならば、あなたがたはそれを食べ、また口に出して請わない者、物乞いする者たちに食べさせなさい。このようにそれらをあなたがた (の用) に供させるのもあなたがたに感謝の念を起させるためである。』クルアーンハッジ章 (第22章) 36節

インシャーアッラー、下記の国々において今年もイードゥ=ル=アドゥハーの犠牲を行います。

場所:

  • パキスタン (今年も大規模な洪水が起き、多くの方が不自由な生活を強いられています)
  • 日本 (入信間もない方や日本で生まれ育ったお子さんにイスラームの宗教的儀式や慣行を見せる良い機会です。犠牲はイスラームにおける重要な崇拝行為のひとつで、イードゥ=ル=アドハーの時にしか見ることができません。また、肉を買う経済的余裕の無い同胞もおり、彼らと犠牲を分かち合うこともできます。)

費用:

  • 牛一人分 (7人で1頭分をシェアします) —¥6,000 (パキスタン)
  • 牛一人分 (7人で1頭分をシェアします) —¥30,000 (日本) 費用には肉の送料も含まれます。
  • 羊一頭—¥10,000 (パキスタン)

犠牲への申し込みは、下記の日本イスラーム文化センターの口座へ費用を振り込み、FAXかE−MAIL (銀行振込み領収書をスキャン) で名前、連絡先、銀行振込み領収書のコピーを送ってください。

犠牲への申し込み期限は2011年11月4日(金)です。

振込口座:

ゆうちょ銀行
ゆうちょから 記号10090 番号86537811
他銀行から 店名 〇〇八(ぜろぜろはち)普通8653781
口座名義 宗教法人日本イスラーム文化センター
(*他銀行から振り込む場合、支店名検索の際に「セ」を入力すると〇〇八支店が表示されます)

なお、銀行振込み以外に現金でのお支払いも受け付けております。
担当:ファーティマ菅原 (マスジド大塚1F)

★イードプログラム

イードの礼拝後、恒例のイードバザーを行ないます。詳細は後日ご案内いたします。

ジャザークムッラーフハイラー。

ジャパンイスラミックトラスト マスジド大塚
170−0005 東京都豊島区南大塚3−42−7
FAX: 03−5950−6310
電話: 03−3971−5671
-MAIL: info@islam.or.jp

イベント・交流会.

Comments are closed.