東日本大震災支援 報告43-46

2011年5月26日

アッサラームアライクム ワラハマトゥッラーヒ ワバラカートゥフ
支援金などにご協力いただき大変ありがとうございます。5月18日‐21日に出発しました支援物資輸送第43-46便についてご報告いたします。

【第43便】

日時:5月18日(水)
場所/メニュー/時間/避難者数
勿来体育館/カレーライス、サラダ、野菜ジュース/17時/46人
勿来市民会館/カレーライス、サラダ、野菜ジュース/17時/36人

本日より文京区在住の4名が到着。
2週間現地で泊り込みで食事を作っている大塚モスクの2人の手伝いをすることになりました。
今日は、隣接するふたつの避難所で、二手にわかれて配食を行ないました。
勿来地区は、ボランティアセンターも撤収に入っています。

この日、文京区チームがいわき市役所勿来地区センターを訪問、所長さんと課長さん、その他2人の職員も同席してお話を伺いました。
お話は、震災時のご自身の体験談も含めて長時間に及びました。
課長さんは兼業農家でもありますが、津波により田圃が冠水し、塩害のため、今後2年間は稲作ができないとのことでした。
行政的には、20日より1日3食お弁当が配布できるようになったとのことですが、温かい食べ物は喜ばれるので、炊き出しは今後もお願いしたいと話されていました。

17時から配食の予定でしたが、日の暮れが遅くなってきているため、日没を待って食事がスタートしました。
市役所の勿来地区センターから当直に派遣されている男性職員に話し掛ける男の子がいました。
その子は、職員の名前も覚えていて、自分のボールがなくなっちゃったんだと家族に対するように話しかけているのが印象的でした。

食事の感想を聞くと、自分は辛くないカレーが好きだから美味しかったと、年配の女性が答えてくれました。
体育館では、往診にきていた医療スタッフのグループにも食事を食べて頂きました。
バングラデシュのコックさんが配食をしながら、がんばろうと明るく声を掛けていました。

【第44便】

日時:5月19日(木)
場所/メニュー/時間/避難者数
江名小学校/筑前煮、ご飯、サラダ、果物(りんご、オレンジ)、野菜ジュース/18時/60人
南の森スポーツパーク/カレーライス、サラダ、果物(りんご、オレンジ)、野菜ジュース/17時/98人

本日、大塚モスク代表のアキールさんが運転して、交代するコックさんが到着。
人数も多いので、離れた2箇所で配食を行ないました。
江名小学校の筑前煮は、いわきモスク代表のラジャさんのお友だち2名が作って下さいました。
この避難所では、乳呑み児を含めて4人のお子さんと一緒に避難しているお母さん(夫は怪我で入院中)や、重度の障害を持つお子さんとその家族がいました。

江名小学校の避難所は、まもなく閉鎖とのことですが、今後のことが心配です。
土曜日にまた配食にくるので、何が食べたいか、食事のリクエストを皆さんに聞いてまわりました。
この日、交代要員が来たので、バングラデシュのコックさん1名が帰ることになりました。
2週間お疲れさまでした。

【第45便】

日時:5月20日(金)18時
場所:四倉高校
避難者数:100人
メニュー:カレーライス(インドカレー)、サラダ、果物(オレンジ)、野菜ジュース

この日は、昨日到着したインド人のコックさん(コルカタ出身)が作ってくれました。
バングラデシュのカレーとは違う味わいがあり、スパイシーなカレーが好きな方には好評でした。
到着した車から降りたアキールさんに子どもたちが駆けより、抱きついていました。
ひとりの男の子が両手で大きさを示しながら、このくらいのボールが欲しいんだと訴えると、アキールさんは今度持って来るからと約束していました。

【第46便】

日時:5月21日(土)18時
場所:江名小学校
避難者数:36人
メニュー:さば味噌煮、肉じゃが、鶏の唐揚(リーフレタス添え)、キャベツと胡瓜の塩もみ、ご飯、味噌汁(里芋、ねぎ)、新茶、饅頭、子どもたちにシュークリーム

この日は、文京区チームがメニューを決め、炊事を担当しました。
魚は、宿泊所の近くの魚屋さんに仕入れをお願いしたものですが、おまけしとくからね、とお気遣い頂きました。
いわき商工会議所と青年会議所の方が、子どもたちへの差し入れとして大きな苺入りシュークリームをお持ちになったほか、配食のお手伝いもして下さいました。
アキールさんは、子どもたちと約束した鉛筆を持って来てくれたので、配食のときにみんなに配りました。
皆さま、本当にありがとうございました。

食事は好評で、魚のおかわりをする方、唐揚のおかわりをする子、シュークリームのおかわりはないのかと聞きに来る子どもたちもいました。
江名小学校の避難所は27日に閉鎖になるということで、食事のあとアキールさんが皆さんに挨拶、神様の祝福が皆さんにあるようにと話しました。
帰りがけには、皆さんがいつまでも手を振って下さいました。
文京区のメンバー4名は、この日帰りました。

ジャパン・イスラミック・トラストでは、引き続き下記の物資を募集いたします。郵送する場合は、「震災救援物資」と箱に明記してお送りくださいますようお願いいたします。

【現地で要望のあったもの】

  • 果物
  • 牛乳(常温保存できるもの/200cc紙パック)
  • 野菜ジュース(常温保存できるもの/200cc 紙パック)
  • 日用品、消耗品(軍手、ウェットティッシュ、ティッシュ、文具など)

大口の支援物資をジャパン・イスラミック・トラストに託すことを希望される方は、まずはジャパン・イスラミック・トラストに電話またはメールでご相談ください。

みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

【支援金の振込先】

三菱東京UFJ銀行 大塚支店 普通1363828
ジャパン イスラミック トラスト

被災した方々にアッラーの助けがありますように。
ご協力くださったみなさまにアッラーの報奨がありますように。

東日本大震災支援.

Comments are closed.